Recent Posts

2016年6月1日水曜日

Mabinogi mml 楽譜を自力で書くために



1. マビノギのmml

mml (Music Macro Language) は音楽をアルファベットで表すための言語です。
一般的なmmlの知識に加えて、ゲーム内での独自の制限事項があります。
そのため、楽器の音域や音ズレなど、微調整をするためにはmmlの基本を知っておいたほうがいいはずです。

〈参考〉
MML入門講座
マビノギmmlの仕様について




2. 使用するソフトについて

- 3ml -
昔からある定番ソフト
mmlの知識が必要
マビノギで一番使われている(たぶん)


- MabiIcco -
新しい試作版のソフト
mmlの知識がなくてもポチポチしていれば楽譜ができる(かも)
ピアノなど新しい楽器にも標準対応



3. 3mlのインストール方法

 公式サイト のDownloadページからzipファイルをダウンロードして解凍する
 ピアノなどの新しい楽器に対応するために3ml wiki から"MSXspirit_def20131010.zip" をダウンロード
解凍したファイルを3mlのPresetsフォルダに上書き保存する
"3MLE.exe"をダブルクリックして起動
 


 4. MabiIccoのインストール方法

こちらのページ下段から "MabiIcco-1.0-alpha27.zip" をダウンロードして解凍する
フォルダの中の "MabiIcco.exe" をダブルクリックして起動
起動するとダイアログが出るのでとりあえずOKを押す


DLSファイル(音源ファイルかな?)を選択しろといわれるので、マビノギ本体のmp3フォルダ内の "MSXspirit.dls" を選択すると起動

MabiIccoの使い方




...ということで、マビノギの楽譜作成入門としては、

    1.じっくりmmlを勉強する
          または
    2.とりあえずMabiIccoをいじってみる

といったところでしょうか。
 
とりあえず私はMabiIccoで遊んでみます。






0 コメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More